ブライダルネットとwith(ウィズ)を比較と違い

ブライダルネットとwithを比較!婚活におすすめは?

ブライダルネットとwithを比較!婚活におすすめをまとめ 
ブライダルネットとwith(ウィズ)はどちらが婚活に有利なのなのか、比較してほしいという事で、この件についてです。

 

この2つは同じようで全く違う性質のものなので、比較する前にそれぞれの特徴をつかんだ方が良い感じがしています。

 

自分はどのような目的で人との交流を求めているのか?ここを先にハッキリとさせないと比較しても分からなくなると思います。

 

今回の婚活の方に有利な方は、結論を言うと恋愛の要素を求めるのであればwith(ウィズ)で、婚活を求めるのであればブライダルネットという事になります。

 

この軸を先にハッキリとさせないと、どちらかを利用するわけですから、自分が求めているものとズレが生じるようになってきます。

 

人との交流を提供しているサービスは大きく3つに分かれていて、何でもありの出会い、そして出い合いも有りで婚活も有りのもの、そして婚活のみのサイト、この3つに分類されます。

 

with(ウィズ)の場合は、恋活と婚活の予想があり、どちらかというと恋活の方が強いサイト構成になっています。

 

またそれが目的で利用している男性、または女性が多いので、婚活をするのには少し苦しいとこころがあると思います。

 

ただ今はあまり結婚を考えていなくても、恋愛してお互いに好きになれば結婚への意識は自然に芽生えてくると思いますので、そこを狙うのであればまだ利用価値はあると思います。

 

ただ婚活を優勢するのであればブライダルネットになってきます。

 

コチラの方は、恋活の要素がありませんので、結婚を優勢したい人しか集まっていません。

 

要するに結婚前提でのお付き合いとういう事です。

 

彼女や彼氏を作る恋活の場ではなく、結婚相手を見つける場になるので、婚活に有利なのは、当然ブライダルネットになってきます。

 

 

ブライダルネットとwith(ウィズ)の運営元を比較とその他

 

ブライダルネットは株式会社IBJさんの運営で、コチラは婚活に関わることしかしていない会社になります。

 

結婚相談所や婚活パーティー、そして婚活サイトなどの運営です。

 

その婚活についてのノウハウ等がサイトの方にも反映されているので、婚活一色になっています。

 

そしてwith(ウィズ)の場合は、株式会社イグニスというところが運営しています。

 

ここはインターネット情報関連事業で、アプリの開発を主にしている会社でもありますので、ネットを利用した面白みを伝える事には長けている事になります。

 

 

ブライダルネットとwith(ウィズ)の会員数を比較

 

  • ブライダルネット 40万人
  • with       12万人

 

 

人数についてはブライダルネットの方が多いですけど、恋活で利用するのであれば12万人でも十分な人数です。

 

 

ブライダルネットとwith(ウィズ)の男女比を比較

 

  • ブライダルネット 4:6
  • with       6:4 

 

 

男女比については、どちらもあまり変わらない感じで、この比率で会員が増えている事になります。

 

 

 

ブライダルネットとwith(ウィズ)の出会い方の比較

 

両方とも「いいね」からのキッカケになってきます。

 

相手からも自分にも「いいね」がされることで、メッセージの交換ができるようになっています。

 

ブライダルネットの場合はお見合いデート、withの場合は恋活デートという流れになると思います。

 

内容の面白みでいうとwithの方があると思います。

 

コチラのサイト、アプリは有名なメンタリストでもあるダイゴさんが監修していて、心理的な要素が盛りだくさんになっています。

 

ある質問から相手を探したり、またはマッチングをさせるために心理的なことを駆使して相性の良い人を探してくれるようになっています。

 

女性が喜びそうな仕掛けも多く、そして真面目な恋活ができると思います。

 

また飽きさせないようにさせる工夫もしているので、真剣な恋愛をしたい人にはおすすめのサイト、アプリになってきます。

 

 

 ブライダルネットとwith(ウィズ)を比較とまとめ

 

この両方をまとめと先程話した通りで、婚活に強いのはブライダルネットという事になります。

 

アドバイザーがつき婚活についての悩みを聞いてくれたり、独身証明などの各証明書の提出も任意でできるようになっています。

 

結婚相談所と変わらないようなサービスを受けることができりる婚活サイトになります。

 

withの場合は、ほぼ恋活アプリになっているので、真面目に彼氏や彼女がほしいと願う人におすすめできる事になります。

 

withは登録が大変なので、そこもメリットだと思います。

 

登録にはフェイスブックアカウントとさらにフェイスブック上に友達が10人いないと登録ができないようになっています。

 

現在恋活系でここまで厳しくしているのはwithぐらいだと思います。

 

以前はそのよういしていたライバル会社もありますが、今は誰でも利用できるようにしているので、そのためかなり質が落ちていっています。

 

どちらにしても婚活にはブライダルネットがおすすめになります。

 

ブライダルネットを利用する前に知っておいた方が良いことを口コミ

 

 

IBJの婚活サイトブライダルネットの口コミ

IBJの婚活サイトブライダルネットの評判


IBJの婚活サイトブライダルネットの比較

IBJの婚活サイトブライダルネットと違い


スポンサードリンク


 
ホーム ブライダルネットの口コミ ブライダルネットの評判 ブライダルネットと比較