ブライダルネットで連絡先の交換後も上手くいく方法

ブライダルネットで連絡先の交換後の接し方と誘い方まとめ

ブライダルネットで連絡先の交換後の接し方と誘い方まとめ 
ブライダルネットで連絡先交換までしたまでは良かったけど、その交換後どのようにすれば良いのか分からない!このような声が男性に多くあります。

 

相手のメールなりLINEなりの連絡先を聞けているので、普通にコミュニケーションは取れている人だと思います。

 

ただその後の接し方で失敗してしまう人もいるのは事実です。

 

メールをしても返事が返ってこない、デートの誘いに失敗した、中には音信不通になった、そのような人もいます。

 

これはブライダルネットだけではなくて、他の婚活方法でも良くあることです。
他の婚活方法というのは、結婚相談所、婚活パーティー、その他の出会いを提供しているサイトなど、すべてに当てはまります。

 

せっかく相手ともう一歩というところで失敗してしまう、できれば避けたいところですが、その失敗をなるべく回避するための対策についてまとめています。

 

 

ブライダルネットで連絡先交換後に失敗してしまう理由は

ブライダルネットで連絡先交換後に失敗してしまう理由は 
ブライダルネットで連絡先交換後に、その後が続かない理由についてです。

 

やはり成功法よりもなぜ失敗するのか分からないと、また同じことを繰り返しますので、その失敗する理由を把握することが成功の近道だと思います。

 

ただ先に結論からいうと「結婚対象として感じることができなくなった」という事になります。

 

何かの理由で相手の事を嫌いになることも理由になりますけど、ほとんどの場合は、その人のことが嫌いになったのではなくて、価値観のズレによるものから連絡先交換後、失敗してしまう事になります。

 

最初は良いと思っていたものが、いつの間にかそのように感じなくなってしまった!そのような事が主な原因になっているはずです。

 

広い意味でいうと「タイプかも!」から「タイプでないかも」に変わった事になります。

 

これは逆の立場で考えても経験した事がある人は多いと思います。

 

最初はある人に対して好印象だったのに、話していくと何かが違う!人生の中で1度や2度ぐらいは、このような経験をした事はあると思います。

 

「あれっ」と思う瞬間です。

 

対策としては、連絡先を交換する前までは印象が良かったわけですから、後はそれを継続してくだけです。

 

ただ相手からメールなりLINEなりを聞くと誤解をしてしまう男性も多くいます。

 

「これですぐに誘うことができる」のような感覚からすぐにお誘いの話しをしてしまう、このような事で失敗する人が多いと思います。

 

女性からするとそういった意味もありますけど、それよりも相手がどのような人なのかもっと知りたいという意味で、相手に自分のプライベートな情報を教えた事になります。

 

会いたいだけであれば、連絡先をイチイチ教えなくても会うことは可能です。
でも男性の場合は、そういった意味でとらえてしまう人が多く、またそういったスイッチが入るためにそこですぐに誘おうとします。

 

そして相手女性がその男性にズレを感じるようになって連絡が来なくなったり、または音信普通になってしまうわけです。

 

焦らないで今まで通りのスタイルでいけば合うことはできます。

 

ただライバルが現れる場合もあります。

 

この場合も焦っても何かを変えることはできませんので、相手が会いたいと思うまでは、今まで通りのやり取りを徹底するようにします。

 

後は性格の不一致もありますが、これはしょうがない事です。

 

相手に合わせるだけのことをしていても、いずれはここでぶつかる事になるので、この場合は諦めた方がお互いのためにもなります。

 

 

ブライダルネットで連絡先交換後に相手を誘うには?

ブライダルネットで連絡先交換後に相手を誘うには? 
ブライダルネットで連絡先交換後に相手を誘うためには?ですが、相手が会いたいと思うときに誘うことがベストになってきます。

 

そう感じるには、誘う方に不安がないこと、そして会うことのメリットがある、この2つがポイントになってきます。

 

誘われる方に不安があると会おうとはしません。

 

その不安を消すためにコミュニケーションが必要になるので、会っても安心な人と相手が感じるまでコミュニケーションをするようにします。

 

コミュニケーションが多くなるほど距離間が縮まりますので、良くコミュニケーションを取ることがポイントになってきます。

 

そして相手に不安が消えて会いたいと思うようになるときがあります。

 

その時に誘うことがベストなのですが、ここはちょっと見逃しがちになるかもしれませんが「私も行ってみみたい」「いいなぁー」「見てみたい」など、会いたいとはいいませんが、このような言葉を使うときに誘うようにします。

 

あなた自信がどこの飲食店にいったときの話しをしたときに「私もいったみたい」または「いいなぁー」などの言葉が出てきますので、そのときがチャンスになってきます。

 

またはどこかの行ったときの話しをしたときに「うらやましい」などの言葉もOKのサインです。

 

もし分からない場合は、思い切ってストレートに近い感じで伝えるのも一つの手です。

 

「〇〇というお店に今度一緒に行ってみませんか?」などの誘い方です。

 

直接会いたいと伝えるではなくて、間接的伝え会いたいと伝える方法です。

 

行ってみたい!という返事が返ってくれば会っても良いという事ですから、後は曜日を決めるだけです。

 

スポンサードリンク


 
ホーム ブライダルネットの口コミ ブライダルネットの評判 ブライダルネットと比較